銀行のパート

金融に関する知識などが必要とされる銀行での仕事ですが、銀行はパートや派遣社員を積極的に採用しています。現状では、事務処理などの業務はパートや派遣社員の割合がかなり高く、それに伴って求人の数も多いようです。金融機関での仕事は金銭を扱う重要な業務が多く、事務においても慎重なやりとりが求められるため、銀行はパートなどにも「経験」を求める傾向があります。また個人の資産など扱うものの重要さを鑑みて、身元がしっかりしていないと面接段階で振り落とされてしまうことも少なくありません。このような仕事に就く方の中には、もともと銀行で働いていて結婚・出産などの事情で職場を離れた後、再度銀行のパートや派遣社員として雇用された方も多いのです。経験も身元もしっかりしているのでこのような人材は重宝されており、長期間働いている人も珍しくありません。また2008年4月1日から「改正パートタイム法」が施行されたことにより、正社員との賃金の差が少なくなりつつあります。

みずほ銀行のパート

この法律改正により、銀行はパートや派遣社員を積極的に正社員に採用する動きを見せています。派遣社員は雇用が3年以上長期化すると正社員化しなくてはいけないということが派遣労働法によって定められており、銀行側からすればせっかく正社員にするなら優秀な人材が欲しいというところでしょう。そのため銀行はパートや派遣社員を長く続けていて経験を持っている人を採用したがるのです。実際にりそな銀行やみずほ銀行はこの動きに呼応して人事制度を調整しており、三井住友銀行は派遣社員、横浜銀行はパートの大規模な正社員採用を決めています。銀行におけるパート・派遣社員の地位は現在、かつてないほどに変動していると言っていいでしょう。今までは非正規雇用者と正社員が同じ程度の仕事をしていても賃金が低いという状況があり、不満が高まっていました。これからは正社員として働くようになるか、正規雇用者とは違う仕事をこなす社員として働くかに選択肢が分かれそうです。

三井住友銀行のパート

実際に銀行のパートの仕事を調べてみると、窓口での業務と後方での事務に仕事内容が分かれています。窓口ではお客様との直接的な金銭のやりとりや、通帳・小切手の処理などミスが許されない仕事を請け負うため経験が求められる仕事になります。そのため銀行のパート募集は経験者が優遇されていますが、未経験の求人が全く無いわけではなく、研修制度を用意しているところもあります。それらをサポートする後方の事務の仕事は、端末機器による入力作業や、書類の整理など雑務が主な仕事です。しかしこちらでも専門的な知識は必要とされますから、ある程度の経験か研修を受けることは必須でしょう。銀行のパートは比較的時給が高い傾向にありますが、それは気の抜けない重要な仕事だからです。先ほど書いたように状況が変化しつつあるので、正社員を目指して経験を積むか、扶養内の範囲で収入を得るかは各々の事情によります。どちらにしても積んだ経験はさまざまな面で有利になるでしょう。

本日最新情報


おみくじは 中吉


ラッキーカラーは 紺碧


ラッキーな場所は 中華街


2014年11月28日現在、19時44分18秒。

33 dummydummy dummy dummy